【corin07巻頭特集】Hello★康生 新規オープン店舗大特集






☞Hello★康生 新規オープン店大特集

康生は今出店ラッシュ?!今年3月から7月にかけて康生のまちに出店した6つの新規店舗を、一挙ご紹介するよ!
飲食店が多いみたいだけど、おもちゃ屋さんも大注目★

康生のまちのニューフェイスを、これからもどうぞよろしくね~(ノ ´▽`*)ノ♪


  1. 「どんちゃん」5月7日New Open(材木町)
  2. 「ロケッティアトイズ」5月12日New Open(東康生)
  3. 「キタムラーメン」5月1日New Open(西康生)
  4. 「いまじん」3月1日New Open(伝馬通)
  5. 「BOOZE」5月11日New Open(亀井町)
  6. 「こなん」7月下旬日New Open(東康生)


☞01. 大衆酒場 どんちゃん

全国の地酒に三河湾直送の魚。こだわりの串焼きに八丁味噌料理。ようこそ、康生のお台所、どんちゃんへ

席料・お通し一切ナシ!串揚げ片手に、
一杯のビールを楽しめる、気軽なお店」
そんな普段使いに特化した、大衆酒場が、材木町にオープンした。
開放感あふれる広い店内。低料金のおつまみも揃っている上に、料理はしっかり美味い。魚は三河湾直送の新鮮魚、地元の八丁味噌料理も食べられる。おまけに、大スクリーンが設置されていて、スポーツ観戦も楽しめるという欲ばりっぷり。
今日は何の酒にどの料理を合わせようか…
そして、気が付いたらいつもどんちゃんに。特別な日のご褒美メシではなく、いつでも気軽に立ち寄れる「康生のお台所」開店。




三河湾の水揚げ業者が選んだ、その日、一番ウマい魚を。

全国の色んな日本酒を楽しめるどんちゃんでは、魚に特にこだわっている。三河湾から送られてくる魚の詰め合わせは、その日の水揚げによって中身がガラリと変わる。今日の焼き魚・煮魚、お刺身の盛り合わせなど、日によって違う魚が食べられるのだ。店に行ったらまず、壁に掛けられた大きな黒板を見て、今日の魚は…と物色するのも楽しそうだ。





15年の蓄積を生かし、自分を表現するお店から、人から愛されるお店へ。

どんちゃん店長:長谷川伸介さん(写真左)
この度「アジア食堂亜チャラ」改め、「大衆酒場どんちゃん」として、同じ場所で新しくオープンしました。亜チャラを始めた時は20代半ば。自分の考え方や実力を試したいという、挑戦の色が強かったと思います。15年の試行錯誤の中、色んな人と出会い、危機を乗り越え、楽しい時間を共にし、いつの間にかお店が自分だけのモノではなくなったことに気付きました。支えてくれる仲間を輝かせ、地元康生の人たちから愛され、今度はみんなで作る温かいお店にしたいと思います。


【大衆酒場 どんちゃん】

カウンター席8名
テーブル席28名
ソファ席8名
※週末、深夜2時まで営業


★お一人様から、大宴会まで

1人でご飯を食べたい時はカウンター。
グループでくつろぐときはソファ席。
大宴会も、44名様まで対応します!
食べたい人も飲みたい人も、忙しい人もゆっくりしたい人も、お気軽にどうぞ。

※お店情報はコチラをクリック!!



☞02. ロケッティアトイズ

輸入玩具に、アンティーク。アメリカン雑貨を中心に、THE☆趣味をとことん極めた魅惑のトイズマーケット!!

康生通にひときわ目を引くショーウィンドウ。そのインパクトに、思わずのぞき込まずにいられないお店が、ロケッティアトイズである。
イオンから康生にお引越ししてきたということで、只今オープンセールの真っ最中!現在の商品ラインナップは、ディズニー・アメキャラ・ジブリやムーミンにジャンプキャラと雑多。また、アメ雑好きには堪らないアメリカンブランド・ラジオフライヤーのワゴンや、他にもアンティークのサインにプレートなど、部屋をおしゃれに飾れるハイセンスなアイテムの掘り出し物に、ワクワクが止まらない!


店長の、趣味を極めし店内ディスプレイに大注目

古き良き時代のアメリカに対する憧れと、様々なフィギュアに囲まれたいという店長のあくなき欲求が体現された、インパクト満点の店内。お店は今後、ショーケースをひしめくくらいに増やして、「実際に自分の部屋がこんな風になったら・・・」というファンのワクワクを体現できるようなお店に移行するそう。アメリカン雑貨やトイが好きな人たちにとって垂涎のお店になりそうだ。





康生だからできる、コアなファン層に向けたラインナップに挑戦したい

ロケッティアトイズ店長:那須田昌孝さん
イオンではリラックスマーケットという名前で出店していました。これまで、一般大衆向け商品を出すことが多かったんですが、今回ご縁で康生に出店することになったので、もっと自分の色を強く出した、尖ったラインナップに挑戦したい気持ちがあります。子どもへの贈り物だけではなく、トイやアメ雑好きな大人が、「自室をこんな風にしたい!」と目を輝かせるような、魅惑のショーケースで店を埋め尽くしたいと思っています。どうぞ、気軽にのぞきに来てくださいね!

開店セールで掘り出し物を見つけよう!

在庫ある分だけの限定商品も!
前のお店で主力だったジグソーパズルや、珍しいピンクカラーのギズモなど、今しか手に入らない商品があります!出会いに来てね♪

※お店情報はコチラをクリック!!


☞03. 康生唯一のラーメン専門店 キタムラーメン

ラーメンを提供しながら、居酒屋のようにワイワイ楽しめる。ラーメン居酒屋スタイル、開店。

お目当ての店に入ると「カンカンカン」とボールに泡だて器が当たる小気味よい音が響く。メレンゲ手前まで泡立てたふわっふわの卵、さっぱりした豚骨スープ。そして、熊のように大きな店長が客と繰り広げる、お茶目なやり取り。店内はラーメンをすする音と笑い声で満ちている。西康生のバイシャンタン北村店が、この度、キタムラーメンとしてオープンすることになった。すでにファンの多いお店だが、独自のメニュー開発など、新しい味の追求が非常に楽しみ。
北海道出身の店長が、九州の豚骨スープをベースに、日本のど真ん中・岡崎で目指す味の新境地に、乞うご期待。


5種類の味噌をあわせて炒めることで出るまろやかなコク

ご当地味噌5種類を合わせ、さらに炒めることでコク増し口当たりも滑らかな、キタムラーメン自慢の逸品「辛味噌ラーメン」。八丁味噌は、まるやとカクキューの2つの味噌をブレンドし、複雑な味わいが楽しめる。元々研究好きな店長さん。様々な味噌を調合する中で、「コレ」と思う味にたどり着いた。ピリッと心地よい辛さの後に口の中に広がる味噌の、深~いコクをお楽しみあれ。



人が自然と集まり、会話が弾む。そんな、温かな空間を作りたくて。

キタムラーメン店長:北村文男さん(写真右)
NHK教育番組の「はたらくおじさん」に憧れ、トヨタのライン工になるために北海道から出てきましたが、岡崎のとあるラーメン屋で出会った、たまり場のような温かい雰囲気に惹かれてバイトで飛び込んだのが今につながっています。だから、お客さんとのコミュニケーションが自分にとって何よりの楽しみ。例えば「完全にお任せ・文句なし」で注文もらえば、「ゴマカレーラーメン」など、他では食べられない面白い創作ラーメンを張り切って作ります!ぜひ、試してみてください(笑)

【キタムラーメン】

カウンター席14名
テーブル席20名

新メニュー、続々登場‼

暑い時期、のど越しさわやかな「冷やし塩ラーメン」(9月まで)
土日関係なく、ランチのライス無料♪

店長出身札幌ラーメンと、お店ベースの九州の豚骨ラーメンを、真ん中の岡崎で合わせたオリジナル麺「豚骨味噌ラーメン」、おススメです!

※お店情報はコチラをクリック!!



☞04. 岡崎ジンギスカン専門店 いまじん

岡崎で唯一のジンギスカン専門店が、伝馬通にオープン。羊肉の概念を覆す、驚きの新発見!

3月、伝馬通にお洒落なジンギスカン専門店がオープンした。岐阜の本店で7年店長として修業し、暖簾分けの形で開業した「いまじん」。肉は羊のみと、あくまでジンギスカンをじっくり堪能できる店である。居酒屋メニューもあり、ドリンク類はビールのほか、日本酒に焼酎と充実している。ジンギスカン専門のお店は、岡崎では唯一このお店のみ。これまで食べたくてもあまり身近でなかったジャンルだが、これからは康生界隈で気軽に食べられるのがありがたい。
「今日は焼き肉にしよう!」という日には、ぜひお店を訪ねてみてほしい。



上質な肉を正しい焼き方で!羊肉のイメージが変わります。

ジンギスカンはクサくて食べにくい?実は、質の良い肉を正しい方法で焼いた時、そのイメージは驚くほど変わる。一部の食べ慣れた人からは「クサみがなさすぎる」と文句を言われてしまう程食べやすいので、羊はちょっと…と敬遠していた人でも安心して行けるのが魅力。牛、豚、鶏のバリエーションの中に、旨い羊も加えてみませんか?





料理のマイナスイメージを逆手に、食べた時のインパクトを提供したい。

いまじん店長:坂田雅さん
ジンギスカンというと、肉が臭い、煙たくてガヤガヤ大衆的な店といったマイナスイメージがどうしてもついて回ります。まだまだ一般的とは言えないジャンルだからこそ、「ギャップを最大の魅力にしよう」と思いました。黒が基調のシックでお洒落な空間、充実のお酒と上質の羊肉を楽しみながら、ゆったりと時間を過ごせるお店。この意外性、インパクトを武器に知ってもらい、日頃から外食の選択肢としてジンギスカンを食べる習慣が岡崎に根付くと嬉しいです。


【岡崎ジンギスカン専門店 いまじん】

カウンター席6名
テーブル席24名個室5名

アルバイト大募集中‼

働く人にとって、お金だけではなく、やりがいや楽しさ、今後使える技術や経験なども得られる職場にしようと思います!まだまだ新しいお店ですが、仲間として一緒に働いてみませんか?

※お店情報はコチラをクリック!!



☞05. スポーツバー BOOZE

キンキンに冷えたビールを片手に、スポーツ&ゲームで盛り上がろう!エンタメ満載スポーツバーが康生に!

二七市通りを進んで、一本奥に入ったところに、隠れ家のようなお店が誕生した。
康生周辺でただ一つのスポーツバー、「BOOZE」(ブーズ)である。
BOOZEとは「大酒を飲む」の意味。
その名の通り、街に楽しい酔っ払いを増やしたいという願いが込められている。若い人向け?いやいや、そんなことは全然ない。趣味を通じた出会いや、楽しい時間を誰かと共にしたいと思う人であれば、誰でも気軽に扉を開けてほしい。
スタッフとの距離も近く、まるで気のいい友人の家にどっかり居座っているかのような心地よさが魅力の店である。

スポーツやゲームをきっかけに、大いに盛り上がろう!!

スポーツやゲームは、人が打ち解け仲良くなれる抜群のツール。年齢性別も関係なく、その場を共にした人たちが楽しい時間を過ごせるように、店内にはあらゆるスポーツ中継を楽しめる大きなスクリーンを設置。カウンターでスタッフさんとお話するもよし、棚に所狭しと並べられたアナログ玩具で盛り上がるもよし。奥にはカラオケルームまで備え付けられ、盛上げ要素満載の店内である。




コミュニケーションの場であること、お店すぎない店づくりを目指して。

BOOZE店長:熊谷信吾さん
今回、内装・接客・サービス全てに共通したこだわりが、「お店すぎないこと」でした。あくまでここは遊び場。みんなでワイワイとコミュニケーションをとってもらうために、自然に打ち解けられる雰囲気を大切にしたいと思いました。来てくれたお客さんが身構えない店づくりを考えた結果、店内もオシャレになりすぎず、スタッフも堅苦しすぎず、「友だちの家に遊びに来た雰囲気」というコンセプトで、サービスを提供させてもらっています。ぜひ、遊びに来て下さい!


【スポーツバーBOOZE】

カウンター席6名
テーブル席13名
カラオケルームは1~6名様OK


★結婚式の三次会、大歓迎!

結婚式の三次会、貸しきりプランなども、お気軽にご相談ください!
スポーツ系観戦イベントもやっています。
絶対に盛り上がれる超コミュニケーション空間で、楽しい時間をシェアしませんか?

※お店情報はコチラをクリック!!



☞06. 食堂 こなん

土鍋でごはんを炊く。昆布でだしをとる。旬の素材を活かす。飾ることなくおいしいを味わう、まっすぐな和食

康生通に位置するビルの二階に、こだわりの和食屋がオープンする。名古屋で厳しい修行を積み、この度生まれの地である康生に戻ってきた店主が開く、「食堂こなん」。とある探偵アニメを思わせる店名だが、真相は、昔、店主がお世話になった修行先のお店にあるらしい。その辺りも、行った時に聞いてみると面白そうだ。
席数は少なめ。ゆったりした店内で、ランチはコース料理、夜はお酒と、それに合う単品の和食料理が楽しめる。素材を活かし、出来立ての一番美味しい状態で出すという、店主の確かな技術が光る。


一人一人のお客様のために、炊き立ての土鍋ご飯を。

なかでも本気度が伺えるのが、土鍋ご飯。コース料理を出す中で土鍋で米を炊き始め、コース終盤を迎える頃には、炊き立てツヤツヤのご飯に、美味しい味噌汁とお新香が添えられて出てくる。
手間ひまをかけて、その料理を一番美味しい状態でお出しする。店主の和食に対するこだわりは全て、口にした瞬間に「美味しいね」とほころぶ、お客様の笑顔が見たいからである。


口にした瞬間、笑顔がこぼれ、会話に花が咲く。心温かなひとときを、和食であなたに届けたい。

こなん店長:宮本峻也さん
和食は職人の世界なので、料理人の粋を競い合い、ひたすらに美食を追い求める様もこれまでたくさん見て来ました。しかし、厳しい修行の中で自分がたどり着いた一つの答え。それは、主役は料理ではなく、「人」であるという事でした。料理の評論ではなく、食べた人の心にまっすぐ届いて、「美味しいね」と隣の人と語らえるような温かいひと時を過ごしてもらいたいから、飾ることなく、一人一人のお客様に丁寧に向き合った仕事をしていきたいと思います。

【食堂 こなん】

カウンター席8名
個室席6名
テーブル席8名








一緒に働く人、募集中!!

お店を一緒に作り上げていってくれる仲間を、食堂こなんでは募集しています。
接客をメインに行ってくれる人を探しています。人と関わることが好きな人、笑顔が素敵な人、ぜひご応募お待ちしています。

※お店情報はコチラをクリック!!


今回の特集「Hello★康生 新規オープン店大特集」はどうだったかな~?
ぜひ、corin制作室に感想を送ってね(*´﹀`*)


**************
【corin制作室へのお便り方法】

「#corinお便り係」のハッシュタグをつけて投稿してね♪

★メールから
corin-chan@machizukuri-okazaki.co.jp
※タイトルに「corinお便り係」を入れてね

★郵送から
〒444-0045
岡崎市康生通り東1-21 みどりやビル3階
株式会社まちづくり岡崎
corinお便り係 まで
**************

corin vol.07(夏号)の巻頭特集に掲載 *2018.7.15発行

【corinWEBのトップへ戻る】

コメント

このブログの人気の投稿

【リバフロ通信②】東岡崎周辺が一新?!シン・ヒガオカの秘密に迫る

【corin07掲載】まちの活動file.02「よみがえる緑。籠田公園の秘密」

【リバフロ通信①】夢ある新しい岡崎へ。進化した乙川河川敷を見てみよう♪