【岡崎を読んで楽しむ『岡崎本』】~岡崎散歩:ふるかはひでたか著~



「岡崎散歩」

定価(本体価格1200円+税)
著者  ふるかはひでたか
編集  市橋章男
発行書 正文館書店

新しくて懐かしい街歩きのススメ
三州岡崎を舞台に散歩の歩幅で分け入る地続きの歴史。

この本は、美術作家である著者が、言葉でつづった「風景画」って言っているんだけど、読み進めていくと本当にその通り。
岡崎のまちを散歩しながら、「ああ、こんな風景を見たんだな~」って、文章から想像できるのが面白いんだよ♪
街になじみのある人なら、まるで自分が歩いているような気分を味わえるよ。

紹介人「こりんちゃん」
普段あまり本は読まないけれど、岡崎本は好き。
難しい文章は目が回るから、歴史ものはもっぱらマンガで読むらしい。
街の風景を感じて歩きたくなるようなものを、みんなに紹介したいそう。


コメント

このブログの人気の投稿

【リバフロ通信②】東岡崎周辺が一新?!シン・ヒガオカの秘密に迫る

【corin07掲載】まちの活動file.02「よみがえる緑。籠田公園の秘密」

【リバフロ通信①】夢ある新しい岡崎へ。進化した乙川河川敷を見てみよう♪